繰上げ返済


雑誌などで繰上げ返済の効果が取り上げられ、繰上げ返済をご存知の方が増えています。効果は早く実行すればする程高くなりますが、安易に行うと困ることになりかねません。
繰上げ返済を実行したために、自身の保有する、現金化可能資産(貯金、投資など)が枯渇し家計が破綻してしまう可能性があるからです。
この判断は、ライフプラン作成をされた方のみが、いつ資産がマイナスになるのか解ります。家計が破綻するということは、銀行に担保として入れてある土地・建物を失うということです。
ですから、家計が破綻しないように、繰上げ返済を行うことをお奨めします。
金利上昇時には短期固定ローン・変動金利ローンを組まれている方は、繰上げ返済をして、ローンを軽くしたいところですが、家計破綻しないよう配慮が必要です。
また、繰上げ返済期間短縮型には、金利上昇リスクを軽減する効果は有りません。
繰上げ返済(期間短縮型)以外に、返済額軽減型(効果は低くなるが、月々の負担は軽くなる。)や、ローンの借り換え(安い金利のローンに変えることで返済額を軽くする。)または、条件変更(期間を延ばすのは難しいですが)なども検討してください。
ライフプランの変更で期間延長や借り換えは審査に通らないケースもあるのでローンを組む前によく調べ、検討することが重要です。


<back to toppage!>