保険について


保険はリスクマネジメントのうち、リスクの転嫁に当る。自己負担できるリスクであれば保険に加入する必要は無い。
保険の最大の利点は、必要額が貯まるまでの時間を待たずに、保険金として受け取れることにある。逆に保険事故が起きなければ掛け金は無駄になる。(貯蓄性保険を除く)
重要なことは、その保険が、いつまでに、いくら必要かをはっきりさせることで、その為にライフプランは必要である。
キャッシュフロー表の支出欄から必要額と必要時期が割り出せ、そこから社会保険など補填される額と資産残高(自己負担分)を引くと必要保障額となり、掛け過ぎが無くなります。
まずはリスクの測定(損害額)と自己負担できる分を検討してみましょう。
保険セールス時代に気付きましたが、良い経営者はセールスの話をちゃんと聞き、自分で必要額と期間を判断し、保険を上手に活用しています。


<back to toppage!>