貯蓄について


普通預金として月々の支出の6ヶ月分は準備しておきたい。
これは冠婚葬祭、通院、事故、リストラ等予定外支出を想定し、いつでも換金可能な物に預けておきたいからだ。
つまり、リスクマネジメント技法のうち、リスクの自己負担に当る。
この貯金が貯まると次は3〜5年後の予定支出を目的預金(財形など)、定期預金、中期債券で運用したい(安全で普通預金より収益性の高いもの)。債券は中途換金した場合、元本割れするケースがあり、償還まで保有すればデフォルトしない限り、元本と利息が手に入る。
3〜5年以上先の物は、本人次第で投資に回しても良いが、必要な時に、価格が上がっているとは限らないので(直前まで好調で必要な時に暴落)、リスクを負える範囲で考えて欲しい。(時期的リスクの回避)
また、時期により変動・固定金利の選択も必要となる。


<back to toppage!>